遺言が相続にもたらす効果・効力

遺言というのは生前、本人が作成したものということで、亡くなった後にも最大限の効力を発揮するものとなっています。
その効果については、他の家族よりも強いと言えるでしょう。
簡単に説明すると、例えば父親が亡くなった際に「財産はすべて妻へ」と書いていたのであれば、受け取るのは母親となります。
法律でも相続に関しては色々なことが決められていますが、遺言の効果・効力はそれらも配慮して力を発揮します。
つまり、本人が望むことを最後に叶えるものでもあるのです。

当然ですが家族がいない人が亡くなった場合、遺言に「財産や資産は恵まれない子たちに募金して」と書いていれば、それを配慮してもらうことができます。
ただ、すべてがこの限りとは言わないので、そこは注意が必要です。

だからこそ、遺言を作成する際には専門家に相談するのが良いのです。
効果や効力がどれくらいあるのかについても考えて、その上で相談していくようにしてください。
相続するものがなければ良いのですが、相続するものが多ければ多いほど、遺言でより細かく書いておくことも重要となるでしょう。
その他、逆に理不尽だと思い、不服申し立てをおこなう人もいるかもしれません。
例えば父親が亡くなり、遺書が見つかったのは良いものの、そこに「遺産のすべては寄付する」となっていれば、子供や孫は納得できないこともあるでしょう。
その場合は、専門家に相談して対応してもらうことが可能です。
もちろん、遺言の効果や効力は強いので、本人が生前に望んだことであれば、それを尊重することが通例となります。
それでも、稀に遺言がめちゃくちゃだったりすることもあるので、そういう場合には現実的な解決策を提示してもらうこともできます。

相続など、特に遺言などで悩んでいる方は、相続税税理士はもちろん、弁護士や司法書士に相談してみてください。
そこから最適な解決策が見えてくるかもしれません。
上手に使って、悩みのないよう相続を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です