遺言を税理士に相談すべき理由

遺言を作成する際、誰にも相談せずに作成するという方が多いですが、それだと穴だらけの遺言になってしまうことも多いです。
肝心なことが書かれていなかったりすると、残された家族や遺族は困惑してしまいます。
例えば、別れのメッセージだけ残して、遺産のことには触れなかったり、今後のことについても触れていなかったりすることが多いです。
自分で作成するのは良いですが、遺言を作成する場合には専門家に相談しながら作成するのが良いでしょう。

特に相続を考えている方は、そちらの計算もおこなっておくことが必要となります。
残された人々が困惑しないためにも、遺言には必要なことをしっかり記載しておくことをおすすめします。
それができない場合は、専門家に丸投げしてしまっても良いでしょう。
とにかく穴だらけの遺書にはならないようにしたいところです。

まず、遺言には当然ですがメッセージを書くことが重要です。
その後、必要となる今後について書くようにしましょう。
例えば、住宅や土地や現金などの相続がある場合、その点についても言及しておくことをおすすめします。
特にその時、相談しておきたいのが相続税税理士です。
相続税に特化した税理士のため、相続を受け取る側が支払わなくてはならない税金について計算してもらうことができます。
この計算が一般の方には大変なので、あらかじめ試算しておいてもらって、遺言に記載しておくことをおすすめしたいです。
もちろん、遺言などに関してはわからないことも多いはずなので、合わせて弁護士や司法書士にも相談しておくと完璧です。
ただ、近年は税理士の中にも、遺言全般に強い人などもいるので、そういう人に相談しておくというのも良いかもしれません。

せっかくの遺言なので、自分の思っていることを伝えることは重要です。
ただ、それ以上に伝えておかなければいけないことに関しては、整理しておくようにしましょう。
残された家族の負担を少なくするということも考えて、遺言は作成するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です