遺言作成に相続税税理士は必要?

遺言作成の際、自分で作成しようと思っている方も多いのではないでしょうか。
昔は手書きの遺言書を作成して、しっかりと実印や母印を使って作成していたものです。
ただ、近年はパソコンやスマホで遺言を作成する方も多くなっています。
もちろん、パソコンやスマホで作成したものに関しては、簡単に内容の改竄ができてしまうので、認めれないことも多いです。
そのため、結果的には現代でも手書きの遺言が主流と言えます。
ただ、それらを作成するためには、やはり専門的な知識が必要となることもあります。

遺言というのはそもそも人生で一度くらいしか書く機会はありません。
何を書けば良いのかという点はわからないことが多いでしょう。
そういう時には、相続税税理士に相談するのが良いでしょう。
もちろん、必要かどうかと聞かれれば、自分だけで作成しているという方も多いです。
ただ、それだとトラブルや問題の原因になることもあるので注意してください。

特にトラブルや問題になることが多いものとしては、相続に関してです。
お金が絡んでくると、身内での醜い争いが始まるなど、やはり目を当てられないことも多いかもしれません。
そうならないためにも、しっかりと遺言に相続のことは書いておくことをおすすめします。
ただ、遺言で相続について言及したとしても、具体的な相続税のことなどはわからないこともあるかもしれません。
ただ住宅や土地、その他の現金などを残すとは言っても、相続税の計算までしているという方は少数派でしょう。
トラブルや問題は、そこから発生することも多いです。
まずは生前のうちに相続税税理士などに相談し、しっかりと相続税に関しても計算してもらっておいてください。
試算があるだけでも、遺族や家族にとってはわかりやすくなり、より楽だと言えるでしょう。

相続税税理士はあくまでも相続税に関しての計算などを得意としているので、その他の相談に関しては弁護士や司法書士などに依頼することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です