遺言を相続税税理士と試算

遺言を作成する際、重要となるのが相続についてです。
本人が生前に決めておけば良いのですが、なかなか相続の話をするチャンスもなく、結果的にそのまま亡くなってしまう方もいます。
家族や遺族にしても、しっかり遺言を残してくれないとどうすれば良いのかわからないこともあるため、生前にしっかり作成しておくことをおすすめします。

特に相続に関しては、相続するだけではなく、受け取った側は税金を支払うことが必要となります。
その税金の計算などは 相続する側がしっかり提示しておいてあげるととても楽です。
ただ、相続する側も受け取る側も知識がないことがほとんどのため、遺言を作成する際には相続税税理士などに相談しておくことをおすすめします。
相続税税理士にかかれば、相続税の試算などは簡単にやってくれるでしょう。

例えば、自分が残したい財産や資産として、住宅や土地や現金などあったとして、それらに対して税金を計算するというのは難しいです。
素人がやってしまうと計算をミスしてしまうことも多く、後から修正が必要となったりすることもあるでしょう。
そうならないためにも、まずは専門の相続税税理士に試算してもらって、相続の際に失敗しないようにすることが重要です。
こればかりは受け取った側が相談しても良いのですが、相続を考えている本人が遺言を作成する時に相談しておく方が良いかもしれません。
もちろん、不動産の場合は価値が変動することも多いため、その都度計算が必要となります。
ただ、試算しておくことによって、ある程度の相続税などが目安として見えてくるでしょう。
それは、残された家族にとって、とても楽なことだと言えます。

相続を考えている方は、まずは専門家に相談してください。
相続税などは申告の義務や納付の義務が発生し、残された家族はドタバタしてしまうこともあります。
少しでも残される家族が安心して対応できるようにしてあげることも、終活の一環だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です