相続の遺言相談は相続税税理士

相続するものがある時、子供たちや孫たちに遺言を残しておくことが必要となります。
また、逆に子供たちや孫たちが、親の遺言を見つけるということもあるため、しっかり生前にちゃんとしたものを作成しておくことが必要となります。
そういう場合は、相続税に詳しい税理士などに相談しておくと良いのではないでしょうか。
そうすることで、遺言を正しく残していくことができます。

また、両親が亡くなり、遺言を見つけた場合なども相続税税理士に相談することができます。
自分の状況に合わせて、専門家に相談するようにしましょう。
その他、弁護士や司法書士、信託銀行など色々な専門家に相談して、遺言と相続についてしっかり対応していくことが必要となるでしょう。

▼ 目次

遺言はしっかり残しておくことにしましょう

遺言に関しては、実際に書こうと思った時に悩むことも多いです。
自分が亡くなった時のことを考えて、残された人にどのようなメッセージを書くのかという点は重要となります。
特に財産や資産がある場合は、それをどのようにするのかをしっかり考えておくようにしてください。
そうすることで、当人が亡くなった後のトラブルや問題を解消することができます。
相続できるものがないという場合は良いですが、それでも正しい遺言を残しておかないと、亡くなってから後悔することもあるかもしれません。
それは残された家族にも言えることです。
当人が亡くなってから何もメッセージが残っていなかったら、ショックを受ける遺族も多いかもしれません。
突然亡くなる場合もあるので何とも言えませんが、遺言はしっかり残しておくことにしましょう。
遺言書パーフェクトガイドはこちら

また、遺言に関しては、両親が亡くなってから発見するということもあります。
その場合、内容としては残された遺族に対してのメッセージということも多い中、やはり相続などに言及していることも多いです。
ただ、残念なことに相続に関しては、身内でのトラブルや問題が発生することも多いと言えます。
事実、誰が相続するのかという問題はもちろん、どれくらい相続するのかというトラブルも頻発しています。
だからこそ、遺言を見つけた場合は第三者を交えて相談していくことが必要となるでしょう。
その時にも使えるのが、相続税税理士です。

相続税税理士の仕事とは?

そもそも相続税税理士の仕事とはどういうものなのかと言えば、相続するものに対しての税金を計算し、納税をサポートするというのが多いです。
実際に相続税に関しては、相続するものによって大きく変わります。
住宅や土地、貯金などの現金など色々なものがあると言えるでしょう。
それらをすべて自分たちで計算するのは難しいです。
もちろん、ミスがあれば相続税申告の際に修正が必要となりますし、過少申告した場合は追加で課税されることもあります。
間違って過大申告してしまう場合もあるかもしれません。

遺言が残っていたとしても、相続税の計算まで言及している遺書というのはほとんどないでしょう。
そういうものが残っていた場合は、相続税税理士にとりあえず相談してみてください。
また、自分がこれから遺書を残すという方は、その点も含めて相続税税理士に相談し、言及しておくというのも良いかもしれません。
そうすることで、残された家族が余計なトラブルや問題を抱えなくて済みます。

この相続の問題に関しては、家族間だけで話し合いをしていると仲違いすることもあります。
単なる仲違いであれば良いですが、そこから家族が崩壊するということも珍しくはありません。
それほど、相続に関してはトラブル・問題も多いのです。
そこは気を付けておくようにしましょう。

相続税における税理士とは

遺書を残す本人はもちろん、受け取る本人に関しても、どちらの側からの視点も必要となります。
専門家の意見があれば、それだけでも安心できますし、冷静に話し合いを進めていくこともできます。
相続に関しては、放棄する遺族もいるかもしれませんし、逆に受け取ってしっかり相続税を支払うということもあるかもしれません。
残されたものによっても大きく変わってくることが多いため、なかなか一般の方では難しいことも多いです。

その他、遺言の内容や相談、効果などを知っておくことも重要となります。
そういう意味でも、わからないことがあるなら専門家に相談するようにしてください。
トラブルや問題になりそうな場合は、弁護士の力がとても役立ちます。
ただの手続きなどをしてもらいたい場合は司法書士でも対応できるでしょう。
さらにミスを少なくしたい場合は、相続税税理士などを上手に活用していくと良いかもしれません。
そうすることで、より安心安全に相続を進めていくこともできます。

まとめ

相続と聞くと、やはり多くの人は「関係ないこと」と思っているのも事実です。
しかし、現代は相続するものがない人がいる一方で、親が残してくれた遺産を相続する人もいます。
自分は関係ないと思っていても、いつかはやってくることもあるので、その点は事前に確認しておくことも重要かもしれません。
その上で専門家の力を使って対応していくと確実です。